スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JR九州 完全制覇 第19夜~第28夜

アメブロからの引っ越しの回数制限を超えてしまい、さらにこっちで新たに書くのも、めんどいので19夜から先はアメブロの該当記事へ直接リンクする形で公開します。

また、今後の旅記事についてもアメブロへの直接リンクという形で公開します。

JR九州 完全制覇 第19夜 由布院散策編

JR九州 完全制覇 第20夜 大分→門司港移動編

JR九州 完全制覇 第21夜 九州鉄道記念館編

JR九州 完全制覇 第22夜 門司港→博多移動編 EXILE

JR九州 完全制覇 第23夜 博多南線編

JR九州 完全制覇 第24夜 熊本→佐世保移動編

JR九州 完全制覇 第25夜 佐世保→長崎移動編 ハウステンボス

JR九州 完全制覇 第26夜 長崎散策編1 眼鏡橋・グラバー園

JR九州 完全制覇 第27夜 長崎散策編2 出島・平和公園

JR九州 完全制覇 第28夜(最終夜) 帰宅編 MD-90
スポンサーサイト

JR九州 完全制覇 第18夜

久留米駅に着いたあと、乗り換える列車はこれです。

第32ランナー 9月9日 9:50  久留米駅発 ゆふいんの森1号 由布院行き

P1050944_convert_20110714210753.jpgP1050984_convert_20110714211155.jpg

第33ランナー 9月9日 12:29  由布院駅発 ゆふいんの森3号 大分行き
P1060008_convert_20110714211313.jpgP1060037_convert_20110714211451.jpg

今回は新旧2つのゆふいんの森を乗ったので2車両を比較してみます。

まず、基本情報から

第32ランナーのゆふいんの森はキハ72系です。1999年に登場しました。別名ゆふいんの森Ⅲ世

第33ランナーのゆふいんの森はキハ71系です。1989年に登場しました。別名ゆふいんの森Ⅰ世

Ⅰ世とⅢ世はあるのにⅡ世はどこにいるんだということですが、Ⅱ世は今はいません。

第3夜のゆふDX(現あそぼーい!)がゆふいんの森Ⅱ世でした。

1992年からⅢ世登場までゆふいんの森として使われました。

その後Ⅱ世は大村線特急「シーボルト」に使用されました。(2003年まで)
2004年からまた、久大本線に戻りゆふDXに使用されました。
去年に書いていたら「使用されています」ですがもう過去形です。
今度は豊肥本線特急「あそぼーい!」に今年6月4日から使用されています。
ちなみに1・2・5・6号はⅢ世、3・4号はⅠ世が使用されています。
前面については画像を見てもらうことにしてインテリアの比較をします。

① 座席 左 Ⅲ世  右 Ⅰ世(今後もこの方式です
P1050963_convert_20110714211641.jpgP1060026_convert_20110714211808.jpg

この画像ではわかりませんがⅠ世にはシート後ろのテーブルはありません。
シートピッチもⅢ世は1000mm、Ⅰ世は960mmと違っています。

またこの画像ではわかりませんがⅢ世は荷物棚が飛行機タイプ、Ⅰ世は普通の網棚です。
また、日よけも違いますね。


② 運転席
P1050957_convert_20110714212241.jpgP1060011_convert_20110714214751.jpg

実はどうせ乗るならということで両方とも先頭座席に座りました。
このため運転席の写真があります。Ⅲ世は新型車両なので今風です。
Ⅰ世は改造車なので機器類が古いですね。また、Ⅲ世の運転席には扇風機がありますね。


③ 通路・デッキ
P1050948_convert_20110714215020.jpgP1060025_convert_20110714215203.jpg

このゆふいんの森の特徴としてハイデッカーが挙げられます。
ハイデッカーとは客室が乗車口より高い所にあることをいいます。
そのためⅠ世では車内販売のワゴンは通れませんでした。
しかし、Ⅲ世では通路を客室と同じ高さにしたためワゴンが通れるようになりました。
なのでⅢ世では乗車すると階段を上がることになります。


④ ビュッフェ
P1050972_convert_20110714215408.jpgP1060014_convert_20110714215535.jpg

ここは双方でたいした違いはないですね。色合いが違うくらいでしょうか。
ゆふいんの森には売店のようなビュッフェがあります。
ビュッフェがある列車が少ない今、貴重な設備といえるでしょう。
ちなみに、このスペースを外から見るとこんな感じです。

P1050989_convert_20110714220332.jpgP1060041_convert_20110714220546.jpg

Ⅰ世の画像で奥がビュッフェスペースです。
あと、ビュッフェのある車両(Ⅰ世は2号車・Ⅲ世は3号車)には他にもこんな設備があります。

P1060012_convert_20110714220849.jpgP1060015_convert_20110714221020.jpg

このようなオープンスペースとコンパートメントです。
なお、画像は両方ともⅠ世です。(Ⅲ世は混んでいたので撮りそびれました。)
このように、ゆふいんの森は様々な設備で乗客を由布院に運んでいます。
※ ゆふいんの森は全席指定席です。
また、他にも特急「ゆふ」も運転しています。こちらは自由席があります。
最後に由布院までの車窓を少し、

P1050959_convert_20110714221217.jpgP1050968_convert_20110714221355.jpg

左の画像は「慈恩の滝」です。大分県日田市にあり車窓から見ることができます。
右の画像は豊後森駅の機関庫です。2009年に近代化産業遺産に登録されました。
次回は由布院を散策します。

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

JR九州 完全制覇 第17夜

JR九州 完全制覇 第16夜の続きです。第1夜はこちらです。

日付が変わって9月9日 8:20  熊本駅

今日も旅が始まりました。

今回はまず久留米に向かいます。

第30ランナー 9月9日 8:30 熊本駅発 特急 リレーつばめ34号 博多行き

この列車は現在右画像奥の新幹線に代わり、現在は日豊本線や長崎本線で見ることができます。

今回はこの車両に乗ってみました。

1号車グリーン車です。一部屋個室があります。今回乗るのはこれです。

DXグリーン車です。2005年10月に登場した座席です。

トップキャビンという6人用個室を改造したためこの席は1列しかなく定員は3人です。

リクライニング角度は141度でフルに倒すと右画像のように寝る体制になります。

なみに、787系グリーン車のリクライニング角度は125度です。

車窓からは西鉄の列車が見えました。

さて、このDXグリーン車は距離で料金が決まっています。

一番料金が安いのは100kmまでの1600円です。

グリーン席+600円で乗れます。ただ、200kmまでのグリーン料金のほうが70円安いです。(DXグリーン料金は200kmまで2600円)


ということで今回は熊本から89.8kmの鳥栖まで乗りました。

熊本から54分後の9:24に鳥栖駅に到着しました。

鳥栖駅は1889年に開業した九州で最初にできた駅の中の一つです。

写真では駅前が工事中ですが2010年11月に完了したそうです。

この駅には名物があります。かしわうどんです。

九州で最も長い歴史を持つ立ち食いうどんです。

5・6番ホームのうどん屋が一番おいしいとのうわさがありこのうどんも5・6番ホームの店のものです。

うどんを食べて、一通り写真を撮ったら久留米に向かいます。

第31ランナー 9月9日 9:31  鳥栖駅発 リレーつばめ5号 鹿児島中央行き

鳥栖~久留米は特急で一駅なのですぐ着きます。6分後久留米に着きました。

いよいよ次回は右のあの列車に乗ります。


JR九州 完全制覇 最終夜までの予告

9月9日分

第17夜  熊本~久留米 DXグリーン

第18夜  ゆふいんの森新旧比較 1号の沿線風景

第19夜  由布院散策

第20夜  大分~門司港 (門司港11月訪問分混合)

第21夜  九州鉄道記念館

第22夜  門司港~博多 

第23夜  博多南線~熊本 3月訪問分と比較



9月10日分

第24夜  熊本~佐世保

第25夜  佐世保~長崎

第26夜  長崎散策1

第27夜  長崎散策2

第28夜  長崎~姫路 最終夜予定



テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

JR九州 完全制覇 第16夜

JR九州 完全制覇 第15夜の続きです。 第1夜はこちらです。

前回、肥薩線に乗り隼人駅にやってきました。

これから一気に北上します。

第26ランナー 9月8日 12:40  隼人駅発 きりしま8号 宮崎行き

この車両は485系です。3月のダイヤ改正で引退し現在は走っていません。


そしてこの列車は国鉄色で運転されました。TNRマークもあります。



ここから宮崎までは1時間30分あるので昼食にしました。



それがこの栗めしです。人吉駅で販売されています。


第7回九州駅弁ランキングで11位に選ばれた商品です。


ちなみにこの駅弁が発売されたのは昭和40年、JR九州に今乗ってる485系が運用を開始したのも昭和40年で同い年コンビです。


駅弁を食べつつ乗ること1時間30分、宮崎駅に到着しました。



乗ってきた列車よく見てみると「きりしま」なのに「にちりん」になってます。



しかも両先頭でヘッドマークが違いました。


そして、次に乗るのが本当のにちりんです。


第27ランナー 9月8日 14:17 宮崎駅発 特急 にちりん18号 大分行き


今度の列車も485系です。今度は上に「KIRISHIMA&HYUGA」と大きく書いてあります。


でも、この列車はにちりんです。もうわけがわかりません。



このように車窓から海が見えたり、山梨に移る前のリニア実験線が見えます。


見どころはそれくらいで宮崎から3時間後大分駅に到着します。



大分駅でもこのようににちりんとソニックが向かい側で乗り換えることができます。


第28ランナー 9月8日 17:14 大分駅発 特急 ソニック48号 博多行き


実はここでお金がピンチになったので本当は下の特急に乗り換えるのですがATMが駅の近くにある別府駅に行くことにしました。


また九州横断特急は別府始発なのでちょうどいいです。


大分~別府は特急は一駅なのですぐ着きます。6分後到着しました。



別府駅です。駅前には手の温泉「手湯」がありました。


無事ATMでお金を下ろして本日最後の列車に乗ります。


第29ランナー 9月8日 11:44 別府駅発 特急 九州横断特急7号 熊本行き


この特急はワンマン列車です。特急券の検札は客室乗務員が行います。


ここから熊本までは3時間かかります。


途中、水曜どうでしょうサイコロ2で慌ただしく乗り換えた三重町駅



この路線最大の見どころ阿蘇駅とスイッチバックの立野駅共に日暮れ後でよくわからず



そして3時間後の20:50に熊本駅に到着しました。


その後、これまた水曜どうでしょうロケ地の熊本交通センターに行きました。


そして、そのあと夕食で熊本ラーメンを食べました。



9月8日の旅はこれで終了です。

次回は9月9日編、DXグリーンに乗ったりゆふいんの森に乗ったり、門司港に行ったり、博多南線に乗ったりします。


何夜になるかはわかりません。でも、多分長くなります。

JR九州 完全制覇 第15夜

JR九州 完全制覇 第14夜の続きです。 第1夜はこちらです。

いさぶろうに乗り吉松駅に到着しました。

吉松駅でのんびり休む暇もなく乗り換えです。

第25ランナー 9月8日 11:21 吉松駅発 特急 はやとの風1号 鹿児島中央行き

この吉松駅での乗り換えですが、いさぶろうから2分の接続となっており対面乗り換えができるので迷うことはありません。

ただ、列車の写真をのんびり撮る時間がないことくらいだと思います。

この列車もガラガラでした。客室乗務員の方によると土日は混んでいるようです。

この列車も観光列車ということで途中駅で長時間の停車があります。

まず、大隅横川駅です。

特急の停車駅ですが無人駅です。この駅で5分停車します。

この駅舎は1903年の開業時のものがそのまま使われています。

そのためこんなものがあります。

機銃掃射の後です。第二次世界大戦中に被災したものです。

柱を弾が貫通しているのがわかります。

右の画像はつまようじで作られた大隅横川駅です。上の写真と見比べてみてください。

続いて長時間停車するのは嘉例川駅です。

この駅も無人駅です。2008年の平均乗客数は32人です。

この駅舎も1903年の開業時のまま使われています。

この駅を出ると列車は隼人に止まります。

ここで、車内の紹介をします。

普通席はこんな感じです。

キハ40を改造したので窓枠があっていないところがあります。

また、車両中央には展望席があります。

吉松駅から52分で目的地隼人駅に到着です。

次回は一気に北上します。

プロフィール

イビキング

Author:イビキング
ameba版Travel of diceと相互乗り入れをしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。