スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JR九州 完全制覇 第18夜

久留米駅に着いたあと、乗り換える列車はこれです。

第32ランナー 9月9日 9:50  久留米駅発 ゆふいんの森1号 由布院行き

P1050944_convert_20110714210753.jpgP1050984_convert_20110714211155.jpg

第33ランナー 9月9日 12:29  由布院駅発 ゆふいんの森3号 大分行き
P1060008_convert_20110714211313.jpgP1060037_convert_20110714211451.jpg

今回は新旧2つのゆふいんの森を乗ったので2車両を比較してみます。

まず、基本情報から

第32ランナーのゆふいんの森はキハ72系です。1999年に登場しました。別名ゆふいんの森Ⅲ世

第33ランナーのゆふいんの森はキハ71系です。1989年に登場しました。別名ゆふいんの森Ⅰ世

Ⅰ世とⅢ世はあるのにⅡ世はどこにいるんだということですが、Ⅱ世は今はいません。

第3夜のゆふDX(現あそぼーい!)がゆふいんの森Ⅱ世でした。

1992年からⅢ世登場までゆふいんの森として使われました。

その後Ⅱ世は大村線特急「シーボルト」に使用されました。(2003年まで)
2004年からまた、久大本線に戻りゆふDXに使用されました。
去年に書いていたら「使用されています」ですがもう過去形です。
今度は豊肥本線特急「あそぼーい!」に今年6月4日から使用されています。
ちなみに1・2・5・6号はⅢ世、3・4号はⅠ世が使用されています。
前面については画像を見てもらうことにしてインテリアの比較をします。

① 座席 左 Ⅲ世  右 Ⅰ世(今後もこの方式です
P1050963_convert_20110714211641.jpgP1060026_convert_20110714211808.jpg

この画像ではわかりませんがⅠ世にはシート後ろのテーブルはありません。
シートピッチもⅢ世は1000mm、Ⅰ世は960mmと違っています。

またこの画像ではわかりませんがⅢ世は荷物棚が飛行機タイプ、Ⅰ世は普通の網棚です。
また、日よけも違いますね。


② 運転席
P1050957_convert_20110714212241.jpgP1060011_convert_20110714214751.jpg

実はどうせ乗るならということで両方とも先頭座席に座りました。
このため運転席の写真があります。Ⅲ世は新型車両なので今風です。
Ⅰ世は改造車なので機器類が古いですね。また、Ⅲ世の運転席には扇風機がありますね。


③ 通路・デッキ
P1050948_convert_20110714215020.jpgP1060025_convert_20110714215203.jpg

このゆふいんの森の特徴としてハイデッカーが挙げられます。
ハイデッカーとは客室が乗車口より高い所にあることをいいます。
そのためⅠ世では車内販売のワゴンは通れませんでした。
しかし、Ⅲ世では通路を客室と同じ高さにしたためワゴンが通れるようになりました。
なのでⅢ世では乗車すると階段を上がることになります。


④ ビュッフェ
P1050972_convert_20110714215408.jpgP1060014_convert_20110714215535.jpg

ここは双方でたいした違いはないですね。色合いが違うくらいでしょうか。
ゆふいんの森には売店のようなビュッフェがあります。
ビュッフェがある列車が少ない今、貴重な設備といえるでしょう。
ちなみに、このスペースを外から見るとこんな感じです。

P1050989_convert_20110714220332.jpgP1060041_convert_20110714220546.jpg

Ⅰ世の画像で奥がビュッフェスペースです。
あと、ビュッフェのある車両(Ⅰ世は2号車・Ⅲ世は3号車)には他にもこんな設備があります。

P1060012_convert_20110714220849.jpgP1060015_convert_20110714221020.jpg

このようなオープンスペースとコンパートメントです。
なお、画像は両方ともⅠ世です。(Ⅲ世は混んでいたので撮りそびれました。)
このように、ゆふいんの森は様々な設備で乗客を由布院に運んでいます。
※ ゆふいんの森は全席指定席です。
また、他にも特急「ゆふ」も運転しています。こちらは自由席があります。
最後に由布院までの車窓を少し、

P1050959_convert_20110714221217.jpgP1050968_convert_20110714221355.jpg

左の画像は「慈恩の滝」です。大分県日田市にあり車窓から見ることができます。
右の画像は豊後森駅の機関庫です。2009年に近代化産業遺産に登録されました。
次回は由布院を散策します。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イビキング

Author:イビキング
ameba版Travel of diceと相互乗り入れをしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。